up to company inc.

TEL 075-222-2688 / FAX 075-222-1878
 

スタッフブログ

取り扱う商品で手法は異なる



webマーケティングがケースバイケースにならざるを得ないのは当然です。
それは、取り扱う商品によって取るべき方法論はそれぞれ異なりますし、
企業の規模や世間の認知度等よって、手法が異なるのは当たり前のことだからです。

もし、広告等にかけられる費用に制限がないのであれば、
TVでCMを流し、新聞や雑誌などあらゆる媒体に広告を出し
リスティング広告などweb広告を出せば良いだけのことです。

しかし、ほとんどの企業は予算が限られており、
その中で、最大限の効果を得るにはどうしたら良いか
費用対効果を見るのもまた、当たり前のことです。

webマーケティングは、従来のマスメディアへの広告掲載よりも
コストパフォーマンスが良いことで注目されており、
すでに新聞や雑誌の広告予算を超えるまでに成長しています。

web制作することをwebマーケティングとして考えるのであれば、
すでに半数以上の企業が何かしらの形で取り組んでいます。

しかし、その成果を実感できている企業は1割にも満たないのも事実です。
Web×経営 | 2018年02月23日 13:02
 
このページの上部に戻る